戸建住宅の換気システムは既定より3分の2の換気量で間に合うのではないか説

ジュゴン

こんにちは、ジュゴンです。

今回は住宅の換気システムについて、本当に必要な換気量を計算してみて、既定の換気量は必要ないのでは無いかという結論に至り、記事にしてみました。

要は、室内の換気は24時間換気システムだけでなく、キッチンや風呂の換気扇、乾太くんを設置している家庭はその排気量も勘案すべきではないかという理論です。

素人の個人的見解ですので、責任は負いません。悪しからず。

参考までに我が家の気密性能「C値」は0.8で、第三種換気システムを採用しています。

換気はジェイベック社のグリーンファン(シロッコファン)です。

建築基準法の規定

まず、法律では「住宅の居室は1時間あたり0.5回以上の換気が必要」とされています。

我が家の居室等の容積は約280㎥なので、140㎥/hの換気量があればよい計算になります。

ちなみに容積280㎥の求め方は、延床面積111㎡×天井高2.4mで266㎥となり、これに勾配天井分の12㎥を足して計算しました。

そして、設計士が計算したものを見てみると、居室等の排気量は145㎥/h(85+15+15+15+15)となっています。法令はクリアしている数値です。(下図の(A)の欄)

工務店の計算

ちなみにこの計算式では気積の合計が240㎥程度にしかなっていませんが、玄関ホールと浴室、押入れなどが含まれていないためです。

設計士がやる本当の換気計算はこうなるんですね。

キッチンの換気扇

次にキッチンの換気扇です。

我が家のキッチンの換気は弱運転で209㎥/h、中運転で340㎥/hの換気能力となっています。

少なく見積もって、一日に弱運転を0.5時間、中運転を0.5時間行うとします。

すると、一日の排気量は209㎥/h×0.5h+340㎥/h×0.5h=275㎥となります。

キッチンの換気扇の仕様

風呂の換気扇

次に風呂の換気扇です。

我が家の風呂の換気は弱運転で95㎥/hです。

私が朝シャンをするので、朝2時間、夜6時間の合計8時間、換気扇を回すと仮定すると、一日の換気量は95㎥/h×8h=760㎥となります。

風呂の換気扇の仕様

乾太くんの換気

最後に乾太くん。

乾太くん(5kgタイプ)

我が家は乾太くん導入しているのですが、よく探しても換気量は説明書等に掲載されていません。

体感的には、乾太くんを回すと、相当な力をかけないと玄関ドアが開かないくらいので、キッチンの中運転340㎥/hくらいはあるのではないかと予想しております。

ただし、他の方のブログで「リンナイの方いわく、乾太くんの排気量は174㎥/h」という記事を見つけましたので、この数値で仮置きしたいと思います。

ガス衣類乾燥機には専用の給気が必要 その3 – CACICOブログ

乾太くんを一日一回使うとして、約1時間の運転になるので、一日の換気量は174㎥/h×1h=174㎥の計算になります。

集計

話は戻って、居室の換気量は145㎥/hだったので、一日の換気量に換算すると24hを乗じて、3,480㎥…①を排気していることになります。

そして、先ほど計算したキッチンが275㎥、風呂が760㎥、乾太くんが174㎥を換気しているので、その分を①から差し引くと2,271㎥となり、これが24時間換気システムで排気すればよい量になります。

1時間あたりに引きなおすと、2,271㎥/24h=95㎥/hの換気能力が求められます。

現在、設定されている24時間換気の換気能力が145㎥/hでしたので、95/145=66%の力を発揮すればよい計算になります。

うちの場合、換気量を調節するコントローラーがMax6のところ、4.7に設定してあります。

4.7の66%は3.1になりますので、コントローラーの目盛りを3.1に合わせればよいことになります。

24時間換気システムの風量コントローラー

懸念事項

以上が私の計算になりますが、次の点が加味されていません。

  • 風呂や乾太くんの換気機器は、通常のプロペラファン?であるため、24時間換気システムと同時使用するとカタログほどの換気量は期待できないこと。
  • また、風呂の換気で窓を開けた場合、浴室内で給気と排気が完結するので、居室の換気には影響を与えないこと。ドアの開閉もしかり。
  • キッチン、風呂、乾太くんを使用する時間帯が朝や晩に集中するため、日中や夜間の換気量は不足するのではないかということ。
  • 床下の換気が居室の換気にどれくらい影響を及ぼすのか不明であること。

これらがあるので、3分の2までいかなくとも、4分の3くらいでいいんじゃないかと思っています。

実際には、住む人数や住宅気密性、外の風速、ドアや窓を開ける回数などに左右されるので、計測器をもって空気がどれくらいよどむのか、測る必要があります。

どなたか、素人でも使いやすい計測器をご存じであれば、教えてください。

まとめ

以上をまとめるとこうなります。

  •  24時間換気システムによる一日の排気量から、キッチンと風呂、乾太くんの換気能力を差し引けば、既定の3分の2の換気量で足りる説が浮上。
  • ただし、換気能力のロスが加味されていない、窓を開けないなど、一定の条件下の計算によるもの。
  • 実際には空気の汚れ具合を測ってみないとわからない。

もしよかったら、あなたの家でも計算してみてください。

繰り返しますが、素人の机上の計算なので、健康第一でお願いします。

ジュゴン

今回は以上です。

2 COMMENTS

torikaji

初めまして。

使いやすい計測器、「よどみ」の何を測るか、によりますが、

人から出るよどみ、CO2を楽に測るなら、やはり多くの方が使っていて、amazonで簡単に手に入る、netatmoでしょうか。
私も、
https://torikaji.muragon.com/entry/16.html
では、netatmoともう一つ、もう少し安い、temptopの製品を紹介しています。
ただ後者は、入手方法(個人輸入で時間がかかる)と温度表示(温度が高く表示される)に難があります。

簡単に、ということであれば、↓のネコリコはOMRONのセンサーの使い方を工夫していて、
https://www.necolico.co.jp/homeplus/#service04
用途が合えば良い製品と思いますが、数値に関しては、CO2とTVOCに同じセンサーを共用していますので、CO2の信頼性は落ちます。例えば、アルコールや香水の近くだと、TVOCに加えてCO2も誤って高く表示される方式です。

シックハウスを気にされているなら、上記のtemptopの測定器を使って、
https://torikaji.muragon.com/entry/88.html
では、HCHO(シックハウスの元)とPM2.5を測りましたが、そもそもHCHOは元々充分小さくて、でも人の影響が大きくて、換気の影響がわからなかったです。
PM2.5は、外気に連動していて、しかし、フィルターで充分抑えられていましたが、よどみの趣旨とは関係なさそうです。

シックハウスの元の化学物質については、方式は違いますが、TVOCとして、ネコリコでも、↓ラトックシステムの下記の物でも、同様の結果を得られると思います。
http://www.ratocsystems.com/products/subpage/btpm25v.html

空気自体の流れなら、
https://torikaji.muragon.com/entry/68.html
では、風速計を使って風量を測りましたが、換気扇の実際の風量を測るのは、安い2~5千円くらいの風量計と段ボールの工作で充分です。
一方、実際の室内の風速を測る場合は、弱い風なので非常に難しいです。ティッシュがなびかないような風は簡単には測れません。安い方法は、指に水を付けて自分の感覚で、になります。

返信する
Dugon【ジュゴン】

コメントありがとうございます!
機器に関して無知の状態なので、勉強させてもらいます!
たしかに空気が汚れるといっても何を指すかですよね。
進展があったら、またブログで報告いたします!

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です