注文住宅で子供部屋を作るときのポイント【独立後も有効活用を】

ジュゴン

こんにちは、ジュゴンです。今回は子供部屋の話です。

注文住宅において、部屋の配置や仕様を決めるときって、楽しいと同時に一番悩むポイントですよね。お金をかければ部屋の広さ、収納、窓、クロス、照明などを後から変えることはできますが、一度決めると、実際にはなかなか変更できないものです。

注文住宅の中でも「子供部屋」というのは、子供の成長や独立に合わせて、部屋の使い方が変わる場所です。今回はそんな子供部屋を作る際のポイントを解説したいと思います。

この記事でわかること
  • 子供部屋を作るときのポイント
  • 子供が独立後に子供部屋を使うための準備

子供部屋の位置づけを考える

「子供部屋」というくらいですから、基本的にはお子さんが勉強したり、寝たり、遊んだり、くつろいだりする部屋になります。具体的に部屋をどう使うのか、あなたが子供の頃どのように過ごしていたか、思い出してみましょう。

勉強はどこでしていましたか、その勉強ははかどっていましたか?寝るのは1人がよかったですか。子供部屋で長い時間くつろげましたか。お子さんの趣味思考や価値観、性格などはご両親と概ね同じになるはずです。

ジュゴン

あなたが子供のころの経験を通じて、まずは、子供にとって部屋をどう使うのが良いのかを考えましょう。

子供部屋の役割

勉強

最近、子供がリビングで勉強すると成績が伸びやすいと言われています。特に小学生など、お子さんが小さい頃は、個室に隔離されて勉強するよりは、誰かと一緒にいる空間の方が安心するのと、親が子供の勉強に関心を持つので、子供は勉強を継続できるからだと思います。

そういうことから「リビング学習」として、リビングの一角に勉強ができるカウンターやデスクを設ける設計が増えてきました。仮にそれがどの年代でもできるのであれば、子供部屋で勉強する時間は短くなります。各年代でどこで勉強させるのかイメージしましょう。

睡眠

睡眠はどうでしょうか。就学前の子供は親と寝ることが多いですが、小学生となれば徐々に1人で寝ることになるでしょう。小学生から成人して親元を離れるまで、子供の寝室を兼ねるというのであれば、寝室としての役割は大きくなります。長い期間、寝る部屋だという認識を持っておけば良いでしょう。

趣味、遊び

趣味、遊びはどうでしょうか。子供は好奇心が旺盛です。おもちゃで遊ぶ部屋、友達を呼んで一緒に遊ぶ部屋としての役割が出てきます。中学生以上になると、本格的な趣味を持ち始める年頃です。子供のプライベートな空間としての役割も出てきます。

子供の成長と使用期間

当然ですが、子供も成長します。成長の段階で、勉強に重きを置く時期や、遊びに夢中になる時期、周りとは距離を置きたくなる時期が訪れます。それぞれの成長過程で「子供部屋の役割」が変わることも念頭に、使い方をイメージすることが大切です。

また、子供はいずれ、親元を離れていきます。高卒で離れるなら18才、大卒で離れるなら22才に家から出ていくことになります(もちろん、就職しても出ていかないこともあります)。一方で、あなたがその家に住み続けるのは短くても30年、長いと50年以上になりますので、その間、子供が家にいる期間というのは「そんなに長くない」ということがお分かりかと思います。

ジュゴン

子供が家から巣立った後に子供部屋をどう使うか、検討しておくことも重要となります。

子供部屋の広さを決める

先どの「子供部屋の役割」「子供の成長と使用期間」をふまえ、部屋の広さを決めましょう。子供部屋の一般的な広さは狭くて3畳、大きくて6畳といったところです。部屋とは別に収納があり、寝ることが中心の部屋であれば、3畳でも十分でしょう。

逆に、収納も設け、勉強や趣味の部屋としてガッツリ使いたい場合は6畳くらいは必要になります。また、がっつり勉強するのであれば、性格にもよりますが、息がつまらないように一定の広さを確保すると良いでしょう。

さらに、子供部屋で趣味などを充実させてあげたいのであれば、収納スペースを検討する必要があります。趣味と言わなくても、友達同士で流行っている遊びやおもちゃが常にあり、気づけば部屋がおもちゃだらけ、ということが起こります。家にリビング収納や納戸がない場合は、子供部屋に収納機能を持たせましょう。

ドア、窓の大きさを決める

子供部屋のドア

同様に「子供部屋の役割」「子供の成長と使用期間」をふまえ、子供部屋のドアや窓の大きさを決めます。部屋につけるドアは、一般的には約80cm幅の開戸が多いと思います。さらに鍵付きであれば、子供部屋の他の部屋との独立性、プライバシー確保、静音性は強くなります。こもって、勉強したり、静かに眠りたい時におすすめです。

反対に、子供部屋と他の部屋との境目や独立性を極力小さくしたい場合は、入口を2枚の引き戸などにして普段は開けっぱなしという選択もあります。あとは、そもそもドアをつけないでおいて、必要な時には工事で設置してもらうというやり方もあります。ドアのデザインで、ドアの一部に磨りガラスを使えば、プライバシーを確保しつつ、人の気配は感じられる作りになります。

磨りガラスの引き戸イメージ

子供部屋の窓の大きさ

窓の大きさについては、住宅の南面は大きくし、それ以外は小さくというのが基本ですが、そこに子供部屋としての役割等に合わせて、窓の大きさを調整します。勉強や睡眠をメインにするのであれば、それほど大きな窓はいらないですし、趣味などで部屋で過ごす時間が多く、開放感や眺望を楽しみたいのであれば、大きめの窓が必要でしょう。

ただし、注意点として子供部屋はそこまで大きい部屋ではないと思うので、高さ2mの掃き出し窓をつけると、その前に家具を置けなくなりますので、子供部屋に家具を置く可能性が高い場合は、高さ90cm程度の腰窓をおすすめします。

クロス、照明、カーテンを決める

続いてインテリア関係を検討します。

子供部屋のクロス

こちらも同様に「子供部屋の役割」「子供の成長と使用期間」をふまえ、子供部屋のクロス、照明、カーテンを決めます。小さい子供はおもちゃで遊んだり、絵を描いたりすることが多いので、クロスは「汚れ防止」や「耐久性」などの機能がついたものがいいでしょう。

デザインはキャラクターものなど、子供っぽいデザインを子供に選ばせることもできますが、クロスは簡単に取り替えられない上、子供がいる期間を考えると、シンプルな白系やグレー系、ナチュラル系をお勧めします。子供が喜ぶデザインは、取り替えが効くカーテンや寝具、机などで選択できるからです。

子供部屋の照明

また、子供部屋を寝室として使うのであれば、照明はリモコン付きのシーリングライトをオススメします。お客さんなどの人目につく場合は、デザイン性を重視したダウンライトも考えられますが、ダウンライトは寝る時に眩しくなるので、緩やかな明かり調整と、部屋中を照らせるシーリングライトがいいでしょう。

個人的には部屋のライト色は温白色にしておいて、勉強する机に昼白色のスタンドライトをしておくのがおすすめです。多様な使い勝手に対応するためです。

子供部屋のカーテン

カーテンは低コストで取り替えできるので、子供が好きなデザインで良いでしょう。ただし、機能としては「遮光」があれば、睡眠の質が良くなりますし、レースなどがあれば、プライバシーを守りつつ、光を取り込みながら、勉強や趣味の時間を過ごすことができます。

子供が巣立った後の使い方をイメージする

子供部屋はあくまでも子供がいる期間に使う一時的な部屋になります。そこで子供が巣立った後の部屋の使い方を具体的にイメージしましょう。子供が出て行った後、ただの「物置」になるのはもったいないですよね。仕事や趣味の部屋、客間、家事室など、使い道はたくさんあります。

そして、子供部屋と同様の手順で、今の子供部屋の作りで違和感がないか確認します。仮に違和感があった場合は、子供部屋としての役割や使い勝手を勘案し、落とし所を検討します。

確認の手順

「子供が巣立った後の部屋の役割を確認」→「広さの確認」→「ドア、窓の確認」→「クロス、照明の確認」

「部屋の広さ」「ドア、窓の大きさ」「クロス、照明」が弊害になることはありませんか。

なお、2つの子供部屋が隣接している場合、間の壁を「非構造壁」といって、12cm四方の柱などを入れない壁にしておいて、必要な時期に工事でその非構造壁を取っ払うこともできます。当然、耐震性はその他の壁等で確保してあります。また、ドアも開戸でなく、2枚の引き戸にしておけば、開放的に使うこともできます。

まとめ

ジュゴン

子供部屋を作るポイントは次のようになります。
  • 子供部屋の役割を考える(勉強、睡眠、趣味・遊び)
  • 子供の成長と使用期間を考える
  • それらに合わせて、部屋の広さ、ドアや窓の大きさ、クロスや照明等を決める
  • 子供が巣立った後の部屋の役割と使い方をイメージし、必要な調整を行う

子供部屋は、子供の成長や独立に合わせて、部屋の使い方が変わる場所です。せっかく家を建てるのであれば、それぞれの部屋やスペースを有効に使いたいですよね。皆さんも是非検討してみてください。

今回は以上です。

にほんブログ村 住まいブログへ にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ にほんブログ村 住まいブログ 高断熱・高気密住宅へ
↑ ↑ ↑ためになったよ!という方は↑ ↑ ↑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です