整理収納の考え方と壁にぶつかったときの対処方法

ジュゴン

こんにちは、ジュゴンです。今回は「快適な住み心地」とは切っても切り離せない「整理収納」の話をします。

私は整理収納が初めから得意って人をあまり聞いたことがありません。誰しも悩むものであり、古くて新しい問題ではないかなと思います。

そんな整理収納について、どんなメリットがあるのか、やり方のコツ、やったけど壁にぶつかったときの対処方法をお伝えしようと思います。

この記事でわかること
  • 整理収納をやるメリットとそのやり方
  • 整理収納で壁にぶつかったときの対処方法

整理収納の考え方とメリット

整理収納とは、今ある持ち物をきれいに片付けたり、種類ごとに並べたりすることだと思われがちですが、まず最初やることは「物を減らす」ということです。いわゆる「断捨離」ですね。

今の持ち物で、使わないものや使えなくなったものは、捨てる、リサイクルに出す、人にあげる、誰かに売ることになります。

そして、生活や人生に必要なものが揃った段階で、それが使いやすいように、見た目が美しいように整理、収納を行います。

ジュゴン

その他にも、整理収納をするメリットは次のようなものがあります。

収納場所が綺麗になり、見た目が良くなる。気分もスッキリ。

これは当然ですね。視覚的にも美しくなりますし、精神的にもごちゃごちゃした物を片付けることで、気分がスッキリします。掃除をした後に爽快感を覚えるのと一緒ですね。

必要な物を探す時間が無くなる。無駄な出費が無くなる。

たまに使うものを探したけれど、なかなか見つからない。無いと思って買ったけど、後から見つかった。なんて経験はありませんか。整理収納をすれば、必要なものがどこにあるか把握できているので、このようなことは起こりません。

仮に要らないと思って捨ててしまっていても、無いことがわかっているので、迷うことなく購入し、次からはすぐ取り出せるようになります。

生活の動線が効率的になる。ストレスが減る。

収納の仕方のコツですが、そのモノをどういうシチュエーションで使うのかで、収納する場所を決めます。例えば、虫除けスプレーは玄関近くに、本や雑誌はリビングに、調味料はキッチンのコンロの近くに置きます。

また、同じ作業で必要なものはグルーピングして一つのボックスに入れておくと作業効率が上がります。掃除用具や裁縫セット、学習用具などがその例です。

これは当たり前のようですが、自分が家でどのような動き、動線をたどっているか「意識的」に分析する必要があります。

不要なものがすぐに分かる。

収納されているものは必要なモノなので、不要なモノが一つでもあれば、すぐ目につくようになります。散らかった部屋にゴミが落ちても気づきにくいですが、きれいな部屋にゴミが落ちれば、すぐに気付くのと同じ原理です。

ですので、整理収納ができている家とできていない家というのは二極化していきます。または、整理収納ができる人とできない人は、はっきりと分かれていると言えます。

整理収納をマスターすれば、永続的にその良い状態を維持できるということです。

判断力や洞察力など仕事のスキルにつながる。

たかが、整理収納と特に男性には思われがちですが、これは仕事にも通用する考え方、スキルです。これまで説明したとおり、整理収納とはモノの要・不要や良し悪しを個々に「判断する力」が求められますし、モノをどのように配置し、収納すれば使い勝手が良いか、考える力、いわゆる「洞察力」も求められます。

整理収納を維持できている人に多いですが、もともと片付けが苦手だった人が整理収納を始めることで、徐々にできるようになっていったということです。整理収納の考え方が理解できたからと言って、明日から途端にできるようにはなりません。

一つ一つのモノに対する判断力や行動の洞察力が、整理収納という実践して、徐々に鍛えられることによって、マスターできるようになるのだと思います。

整理収納で壁にぶつかったときの対処方法

ジュゴン

整理収納を始めるといくつかの壁にぶつかります。主にぶつかりやすい(私もぶつかった、ぶつかっている)壁について、対処方法をお教えします。

どこから手をつけて良いかわからないとき

最初何をすべきかわからない方は「小さいところ」から始めましょう。例えば、靴箱や洗面所、机やキッチンの引き出し、リビングの一角など手を付けやすそうなところから始めましょう。

家族がいる場合は、自分の持ち物が多い場所や断捨離を自分単独で判断できる場所がおすすめです。手順としては一旦、その場所の物を収納している場所からすべて出します。

そして、「使うもの」「使わないもの」に分けます。断捨離が終わったら、あとは使いやすいように収納していくだけです。動線を意識して使用頻度の高いものは手の届きやすいところに、一連の作業で必要な複数のモノは同じカゴに、が基本です。

スペースがうまく使えない時は突っ張り棒や棚、仕切り板などの活用を検討します。収納スペースに一杯詰め込むのではなく、収納スペースのうち7〜8割に収まれば、一時的にモノが増えても対応できますし、心にゆとりが生まれるのでオススメです。小さな成功体験「スッキリ〜」を積みましょう。

断捨離ができないとき

これはある種の気持ちの切替えと言いますか、考え方を改める必要があります。先ほど、あえて「使えるもの」と「使えないもの」としなかったのがポイントです。多くの人は「使えるもの」を捨てるのはもったいないと思い、なかなか捨てられません。

しかし、見方を変えれば、あなたに使われず収納場所の肥やしになるよりは、リサイクルなどで使いたい人に使ってもらう方が、モノとしても、モノを作った人にとっても幸せであるということです。

さらにそれを収納している場所にはいくらのコストがかかっているか計算してみましょう。借家であれば、部屋の面積で賃料を割れば、そのものが占有している場所のコストが算出できます。持家の場合も同じですね。収納している場所をいくらで買ったのかということです。

つまり「使う」モノを残し「使わない」モノは断捨離しましょう。中には捨てるか迷うモノもあると思います。それらは「保留ボックス」に入れて、いつまでに使わなかったら捨てる、と期限を決めて書いておくといいでしょう。でも大体が使いません。

仮に、使わないけど、昔の大事な思い出、というものは別途「思い出ボックス」を作りましょう。ただし、それがお金を払ってまで、その場所を占有するだけの価値があるかどうかは、吟味しなければなりません。

良い状態が続かないとき

一旦は、断捨離して整理収納したのはいいけれど、しばらくしてモノが増え、片付けられなくなり、元の状態に戻ることも多いです。

整理収納は、月一とか年末の大掃除などのタンミングでやる作業ではありません。モノというものは日々家に侵入してきます。買い物や人にもらったモノですぐに家のモノは増えます。それを意識して日々、捨てられるモノは捨てる、片付けるという「クセ」をつけることが大切です。無意識が一番怖いです。

私の場合は、朝起きた時に散らかった部屋を見るとテンションが下がるので、一日の終わりには目に見える部分だけでも片付けるようにしています。

夫婦とも働きで、そんな時間も無いという場合は、週末だけでも整理収納する必要があります。でないとどんどん状態は悪化する方向に向かいます。先手を打ちましょう。

家族の協力が得られないとき

これは死活問題です(私も)。どんなに整理収納、片付けをしても家族の協力が得られなければ、1人で家族全員分の整理収納を背負うことになります。こうなると継続が難しくなります。

そんな時は「家族会議」しかありません。法的には家族でも、物理的には他人です。1人の考えがテレパシーで伝わることはありませんから「なぜ片付けが必要なのか」「どうしたら片付けられるか」「どんな快適な生活をしたいか」愚直に話し合うことです。

最初は抵抗されることは必至です。人は自分のやり方が一番だと思っていて、行動や習慣が人に変えられることを嫌う生き物だからです。でも諦めてはいけません。整理収納することで、どんなメリットや幸せがあるのか、冒頭に話したことを真摯に伝えていくことがこの壁を乗り越える唯一の手段であり、最短の道です。頑張りましょう。

まとめ

ジュゴン

いかがでしたか。整理収納の考え方は理解できましたか。まとめるとこのようになります。
  • 整理収納ができると、物理的、精神的にスッキリする、無駄な時間や動きが無くなる、判断力や洞察力が身につく、などのメリットがある
  • 整理収納の始まりは、モノを減らすことから、そして小さいところから始めましょう
  • 捨てられないときは「保留ボックス」「思い出ボックス」を使う
  • 整理収納は日々、クセをつけることで維持できる
  • ときには家族会議で、家族の理解を求めることも必要

最後の課題が一番重いような気がしますね。実際に私も奮闘中です。なんとかして、家族みんなで取り組むようになるにはどのようにすれば良いか。まずは自分が変わることからです。

整理収納をマスターした新たな境地を目指しましょう。

今回は以上です。

にほんブログ村 住まいブログへ にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ にほんブログ村 住まいブログ 高断熱・高気密住宅へ
↑ ↑ ↑ためになったよ!という方は↑ ↑ ↑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です