住宅の窓の選び方【適切な窓の大きさとは】

ジュゴン

どうも、ジュゴンです。今回は住宅の窓の話です。

皆さんは窓をどのように選んでいますか。そもそも窓を選ぶ機会って、そんなにないですよね。私は住宅を建てるにあたり、全くの素人なので、窓選びは本当に悩みました。一生に一度だと思うので、後から後悔しないようにどんな窓がよいのか、いろいろ調べた結果、私なりの答えを見つけました。

そこで今回は、住宅の窓について、私なりの「窓の選び方」をお伝えしますので、皆さんの参考にしていただければ幸いです。この記事は次の方にオススメです。

  • 窓をどのように選べばよいかを知りたい方
  • 窓の違いを知りたい方

窓の役割

ジュゴン

まず、窓の役割から見ていきましょう。

窓の主な役割

まず最初に、窓の役割を確認しておきましょう。景色を楽しむため、風を取り込むため、外にでるためなど、窓にはいろいろな役割があります。採光、通風、日射取得、日射遮蔽、換気、眺望、出入口、デザインなどですね。

これらの役割は、その人の好みや行動パタン、部屋の使い方によって、何が適切なのかが変わってきます。同じ明るさでも眩しいと感じる人と、暗いと感じる人がいるのと同じです。言い換えると、窓選びは人によって違うということです。

窓の大きさによる特徴

それらを踏まえて、自分にとって適切な窓選びましょう。基本的には、大きい窓ほど、部屋が明るく、風通しはよくなり、眺望も良くなります。

一方で、窓が大きいと、部屋の温度が外気に影響されやすく、外から見られやすい、暗くしたいときに明るい(朝など)、防犯・災害が心配、室内に家具を置きづらいなどのデメリットもあります。また、カーテンをつける場合は、カーテンが大きくなってしまいますよね。

小さい窓は、その反対です。部屋は暗くなりがちですが、外気に影響されにくくなるということです。

法律上の制約

次に、窓の大きさを考えるにあたり、極端に大きかったり、小さかったりしなければ、問題ありませんが、念のため窓に関する法律を確認しておきましょう。

建築基準法においては、「居室」の窓は採光・換気・防火の観点から制約があります。「居室」とはリビング・キッチン・寝室などを言います。玄関・廊下・洗面・浴室・トイレなどは含まれません。

  • 採光:採光に有効な面積がその居室の床面積の7分の1以上
  • 換気:換気に有効な面積がその居室の床面積の20分の1以上

なお、防火地域・準防火地域では、万が一の火災のときに隣家に燃え広がるのを防ぐため、窓を燃えにくい構造の防火戸にする必要があります。

また、必要とされる耐震等級を取るために、設計によっては「ここは壁にして構造を強くするため、窓を取れない」という制約もありますので、設計の段階で確認しておきましょう。

窓の大きさの目安

ジュゴン

次に窓の大きさを検討していきます。

法律による窓の大きさの目安

この建築基準法を一つの目安と考えれば、少なくとも窓の大きさは床面積の7分の1以上にする必要があります。6畳の部屋だと床面積は9.9㎡ですので、窓の大きさは1.4㎡以上になります。横130cm×縦110cmの腰窓などが該当します。

10畳の部屋だと床面積は16.6㎡なので、窓の大きさは2.4㎡以上になります。高さが200cmの掃き出し窓であれば、一般的な大きさの幅165cmだと3.3㎡なので、余裕でクリアできますね。

日射による窓の大きさの考え方

あとは日射取得、日射遮蔽の観点でいうと、「北、東、西の窓は極力小さく、南の窓は大きく」という考え方があります。北側は太陽が当たらず冬は寒いため窓を小さくして、南側は冬の太陽を取り込む(日射取得)ために窓を大きくするという考え方です。

東側と西側は、夏の日の出と、日の入りの時に室内に日射しが差し込むのを避けるため小さくします。南は窓が大きいので、夏場の日射遮蔽として外側にサンシェードや庇の設置、または落葉樹を植えて、日射しをさえぎります。これが基本です。

北、東、西の窓は、窓の断熱性能が余程良くないかぎり、窓の大きさは0.5㎡以内に抑えるのが理想、という建築士の方もいます。0.5㎡というと、横100cm、縦50cmほどの小窓ですね。

留意点
ただし、家の方角がきれいに真南を向いているとは限りませんし、隣家が近接する場合は季節ごとに光の入り方が違うので、それらを確認しながら、窓の大きさを調整する必要があります。

窓の性能

ジュゴン

続いて窓の性能です。

窓の性能を決める要素

次に窓の性能を選びます。性能を選ぶ項目としてはガラス面サッシ(枠)があります。そしてペアガラス以上だと、ガラスの間を埋めるスペーサー、間に詰めるガスの種類を選びます。

高気密高断熱の住宅であれば、窓の断熱性能をあげることが、家全体の断熱性能を上げることにつながります。窓は、壁や天井に比べて熱を通しやすい部分だからです。

窓の断熱性能は商品カタログに記載されているので、熱貫流率を確認しましょう。熱貫流率は、暖かい方から寒い方へ熱の移動のしやすさをW/(㎡K)という単位で表示しています。

要素ごとの考え方

まず、ガラスは単ガラス、ペアガラス、トリプルガラスがありますが、当然、枚数が多い方が断熱性能は上がります(コストも上がります)。ペア、トリプルはLow-Eという金属膜を入れているのがほとんどです。

次にサッシは、主に、アルミ、アルミ樹脂、樹脂の3つがありますが、樹脂の方が熱を通しにくいので断熱性能は「アルミ<アルミ樹脂<樹脂」になります。

そして、スペーサーもアルミと樹脂のものがあり、樹脂の方が断熱性能は高くなります。

さらに、ガスの種類は「空気<アルゴンガス<クリプトンガス」の順に断熱性能は上がります。

工務店等が取り扱う窓の性能

現在、多くの工務店や住宅メーカーで使われているのは「ペアガラス(Low-E)、アルミ樹脂サッシ、樹脂スペーサー、アルゴンガス」といったところでしょうか。その工務店等が何を「標準」で取り扱っているか、事前に確認しておくことをお勧めします。

標準よりグレードを上げようとすると、定価に近い金額で仕入れることになるため、コストが余計にかかってしまうからです。自分の求める断熱性能と、その工務店が標準で揃えている窓の性能が一致していることがベストですね。

ペアガラス(Low-E)には2種類の性能がある

また、ペアガラス(Low-E)には「日射取得型(断熱型)」と「日射遮蔽型(遮蔽型)」があります。方角による窓の大きさと同じように、北、東、西は日射遮蔽型、南は日射取得型とすると良いでしょう。

理由は、夏は涼しく、冬は暖かくするためです。日射遮蔽か日射取得かの選択による窓の導入コストは変わらないはずです。

Low-Eペアガラスには2種類の性能がある【日射遮蔽型と日射取得型】

窓の使い方

ジュゴン

窓はその使い方、開け方によっても種類が分かれます。

代表的なものは、引き違い窓、腰窓、掃き出し窓、滑り出し窓(縦・横)、天窓、FIX窓でしょうか。

なお、引き違い窓は空気が漏れやすく、気密性は良くないと言われています。

縦の滑り出し窓は、風をキャッチする働きがあるので、大きさの割には空気を取り込めると言われています。

天窓は明かり取りには最高ですが、夏の暑さや雨天時の音や雨漏りがネックになることもあります。

FIX窓は開閉できませんので、眺望を楽しむための窓になります。

窓をどのように使うかで、種類が変わってきます。その窓がついている部屋で、何をするか、どのように過ごすか、具体的にイメージすると良いかもしれません。

窓の種類ごとにメリット、デメリットをまとめているサイトがあるのでそちらをご覧ください。

参考 23種類の窓、そのメリット・デメリットとは?建材ダイジェスト

窓の選び方まとめ

ジュゴン

いろいろな角度から窓について説明してきましたが、最終的にどのように窓を決めていくかをお話しします。

窓の大きさ、種類を決める

まずは、おおよその各窓の大きさを決めます。そして標準的な窓の性能、断熱性能、日射取得型か日射遮蔽型を決めます。

さらに窓の使い方に応じて種類を決めます。それを図面等に「縦横のサイズ(cm)、断熱性能、日射取得型か日射遮蔽型、窓の種類」を書き込んでいきます。

住むイメージを持つ

そして、実際に住んでみるイメージをしてみて、動線も含めた窓の使い方や日の入り方に問題がないかを確認します。

日射しの入り方については、工務店や住宅メーカーが日射のシミュレーションソフトを持っている場合はそれを使いましょう。季節ごと、時間別に窓にどれだけ直射日光が当たるかを確認します。

窓の大きさ、種類を修正する

仮に、窓が大きすぎて日が当たり、断熱性能が心配となれば、窓を小さくするとか、断熱性能の良いものにグレードアップするとか、サンシェードを外に取り付けるなどの対応を考えます。

そして変更後に住むイメージを確認します。あとはその繰り返しです。

窓の性能の上げ方

仮に窓の断熱性能をあげたいけれど、予算がないという場合は、窓のグレードを上げる代わりにサイズを小さくする手があります。

窓を選ぶとき、大抵の人は開放感などを求めて大きく取る傾向にあります。しかし、大きい窓にはデメリットもあります。そのデメリットを受け入れてもなお大きい窓が欲しい場合は別ですが、断熱性や使い勝手など小さい窓のメリットを選択することも検討してみましょう。

ジュゴン

窓の種類と性能はいく通りもあり、選ぶのが大変だと思いますが、是非あなたにあった窓を見つけてください。

今回は以上です。

にほんブログ村 住まいブログへ にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ にほんブログ村 住まいブログ 高断熱・高気密住宅へ
↑ ↑ ↑ためになったよ!という方は↑ ↑ ↑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です