住宅に「耐震等級3」が必要な理由【あなたの家は耐えられますか】

ジュゴン

こんにちは、ジュゴンです。今回は住宅の耐震性の話です。

住宅を建てたり、住宅を購入する際に「耐震等級」って聞いたことありませんか。私も耐震等級を初めはわかりませんでしたが、色々教えてもらう中で「家族で住む以上は、やっぱり必要だ」という結論に至ったので、その理由などをお伝えします。

この記事でわかること
  • 住宅の耐震等級とは何か
  • 今後の地震の起きる確率と起こった場合の影響
  • 耐震等級3の必要性

耐震等級とは何か

耐震等級とは、地震があった際の住宅の「壊れにくさ、倒れにくさの強さ」を一定の基準値で表したものです。法律においては「住宅の品質確保の促進等に関する法律」で耐震等級が1から3の段階で示されています。3のほうが耐震性能は高くなります。

耐震等級1

数十年に一度発生する地震(震度5程度=80ガル)に対して、大規模な工事が伴うほどの住宅損傷が発生しない。また、数百年に一度発生する地震(震度6強〜震度7程度=400ガル)に対して、住宅損傷はあるが、人命が損なわれるほどの住宅の倒壊はない。

耐震等級2

耐震等級1の1.25倍の耐震強度を持つもの。

耐震等級3

耐震等級1の1.5倍の耐震強度を持つもの。

ジュゴン

耐震等級って法律で定められているんですね。

現在の住宅メーカーや工務店の耐震性能の水準

私は住宅メーカーを決める際に、多くの会社の資料を見たり、説明を受けましたが、感触としては「ほとんどの住宅メーカーや工務店が『耐震等級3』を備えている」と感じました。

大手の住宅メーカーだとほぼ耐震等級3を標準にしているようです。どの会社も耐震等級3を自慢げに説明してくるのですが、他の会社も同じことを言っているのであまり魅力には感じていませんでした。

しかし、隣県の熊本で2016年に起きた震度7における住宅の損傷、倒壊を見て「耐震等級3」は必要だなと考えを改めました。熊本地震の被害をまとめたものがこちら。

(出典:くまもと型住宅生産者連合会)

熊本地震は本震と余震で震度7が2回発生していますが、耐震等級3がどれだけ地震に強いか、データが物語っています。

こちらの写真は住宅が倒壊した事例です。

(出典:くまもと型住宅生産者連合会)

ちなみに私が家を建てる時に選んだ住宅メーカーは「耐震等級3の1.25倍の耐震強度」をうたっています。「耐震等級1の1.875倍の耐震強度」ということですね。

耐震強度の計算は壁量計算と言われる地震に強い耐力壁をどれだけ入れるかの計算(手計算が可能)と「品確法に基づく性能表示計算(手計算も可能)」、3階建で義務付けられている許容応力度による構造計算(コンピュータ計算)」があるようです。

「壁量計算」は単純に耐力壁がどれだけ必要かを計算するだけなので、耐力壁をどこにどの向きで配置すれば耐震性が上がるかなどは「性能表示計算」以上が必要みたいなので、どの計算方法を採用しているか聞けば、住宅メーカーや工務店のレベルと耐震性に関する信頼性がわかるかもしれません。

住宅に耐震等級3が必要な理由

耐震等級3が必要な理由は、熊本地震の被害を見ればお分かりかと思います。震度7の地震がきたとき、耐震等級1であっても一度は耐えられますが、熊本地震のように震度7が2回きたら耐えられません。また「一度は耐える」と言っても、耐震等級1と3ではこのように違います。

(出典:構造塾 佐藤実氏)

耐震等級1の方で住み続けられますか?命を守るためにも耐震等級3を備えましょう。耐震等級1から3に上げるのに、予算は数十万円だと聞いたことがあります。

このように住宅が半壊すれば、多くの場合は住むことはできませんので、その時点で住宅ローン残債と新居への出費(新築or家賃)がかさむことにもなります。

また、耐震等級3だと地震保険料が50%安くなるのもメリットですね。ちなみに耐震等級2だと30%安、耐震等級1だと10%安です。

なお、地震の確率としては南海トラフ地震」が30年以内に70〜80%の確率で起きるとされています。首都直下型地震」は30年以内に70%の確率で起きるとされています。

ジュゴン

住宅は30年以上住みますよね。もう答えはお分かりだと思います。

<近年の地震>

  • 1995年 阪神淡路大震災 → 震度7
  • 2000年 鳥取県西部地震 → 震度6強
  • 2003年 十勝沖地震 → 震度7
  • 2005年 福岡県西方沖地震 → 震度6強
  • 2007年 能登半島地震 → 震度6強
  • 2007年 新潟県中越沖地震 → 震度6強
  • 2008年 岩手宮城内陸地震 → 震度6強
  • 2011年 東日本大震災 → 震度7
  • 2011年 福岡県東部地震 → 震度6強
  • 2016年 熊本地震 → 震度7

(出典:気象庁)

まとめ

ジュゴン

不安をあおるような書き方になってしまいましたが、住宅における耐震等級3の必要性が理解できましたか。まとめるとこうなります。
  • 地震が起きたときの住宅の倒れにくさを「住宅の品質確保の促進等に関する法律」では耐震等級1〜3を用いて表している
  • 耐震等級1は震度7が来ても、住宅の損傷はあるが倒壊はしないレベル。耐震等級2は、その1.25倍、耐震等級3は、その1.5倍の強度
  • 震度7が2回来た熊本地震を想定すると、住人の命を守るために耐震等級3が必要
  • 南海トラフ地震は30年以内に70〜80%、首都直下型地震は30年以内に70%の確率で起きるとされている

「命」より大事なものはありません。備えあれば憂いなし。それでは良い家づくりを。

今回はここまでです。

にほんブログ村 住まいブログへ にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ にほんブログ村 住まいブログ 高断熱・高気密住宅へ
↑ ↑ ↑ためになったよ!という方は↑ ↑ ↑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です