そうだ、特別定額給付金を受給しよう【給付金の意味を考える】

ジュゴン

こんにちは、ジュゴンです。今回は特別定額給付金の話です。

コロナ感染症の対策として、外出自粛が要請されました。経済が急激に落ち込んだこともあり、国民1人あたり10万円の特別定額給付金が支給されています。

受給するには、オンラインか、郵送での手続きを行う必要があります。手続きを進めるときに、「自分はコロナで特に影響を受けてないのに受給していいのか」「税金の無駄遣いになっているのではないか」などと疑問と後ろめたさを感じている人も多いのではないでしょうか。

今回は、そんな特別定額給付金をもらうべきかどうか、一国民の視点で整理してみました。

この記事でわかること
  • 特別定額給付金を受給するか迷っている人
  • 特別定額給付金とはそもそも何なのか知りたい人
  • 特別定額給付金をどのように使えばいいかわからない人

制度の概要

ジュゴン

政府はこのように説明しています。
  1. 目的:緊急事態宣言の下、外出を自粛し、人と人との接触を最大限削減必要がある。医療現場をはじめとして全国各地のあらゆる現場で取り組む方への敬意と感謝の気持ちを持ち、人々が一致団結し、見えざる敵との闘いという困難を克服しなければならない。このため、感染拡大防止に留意しつつ、簡素な仕組みで迅速かつ的確に家計への支援を行うもの。
  2. 給付対象者:令和2年4月27日に住民基本台帳に記録されている者
  3. 給付額:給付対象者1人につき10万円
  4. 受給権者:給付対象者の属する世帯主
  5. 申請期限:郵送方式の申請受付開始日から3ヶ月以内
  6. 給付事業費:12兆7,344億円、事務費:1,458億円
参考 特別定額給付金総務省

特別定額給付金の受給の意義

この制度の目的は、閣議決定の内容をほぼ引用したものですが、意味が理解できましたか?私の頭では理解不能です。

なんとなく「外出自粛で国民に迷惑をかけているから、感謝の意も込めて個人家庭へ助成する」という感じでしょうか。

ジュゴン

そこで私なりに、その裏にある背景や意図を推察し、給付金を受ける意義を整理してみました。

社会的意義

経済をまわす

外出自粛が発動してから数ヶ月。新規感染者はゼロにならないものの、経済活動が停滞し、急激に景気の悪化が進んだこともあり、段階的に外出自粛が解除されました。

このような中で、特別定額給付金が支給されることは、落ち込んだ経済を少しでも回復させる狙いがあると思われます。経済はモノやサービスを介してお金が回ることで成立します。

つまり、支給された給付金を消費することで、日本経済に貢献することになります。給付金は使うことに意味がありそうですね。

売り上げが減っている企業を支援する

外出自粛で影響をもろに受けている飲食業や宿泊業、観光業などがある一方で、宅配業や通信業界などはむしろ業績は上向きつつあります。なかでも、外出自粛により売り上げが減少している企業を利用することに効果がありそうです。

アフターコロナで私たちの経済活動が変わり、淘汰されるであろう事業があるとはいえ、急激な変化は不安定な社会につながりますので、今、大打撃を受けている企業や事業者を利用して、企業や事業者、そこで働く人たちを救いましょう。

国の予算が組まれている

コロナの影響を受けていない方は、特別定額給付金の受け取りをためらうかもしれません。でも、よく考えてみれば、すでに国の予算措置が決定していること、数十万円の受け取りを拒否したところで国の財政に与える影響は、予算規模からしてほぼ皆無であること、受領して使うことに意味があることなどを考えれば、受け取る以外の選択肢はありません。

役所は手続きを完遂するのが仕事

給付手続きに関して、オンライン申請への対応遅延や二重払いの誤りなどの混乱が生じています。自分が申請することで、さらなる混乱を招くことを心配するかもしれませんが、彼らも仕事としてやっています。ボランティアではありません。

国の事業を執行する責務がありますし、事務費の予算もつけられています。何より普段から税金を払っているのは行政サービスを受けるためにあるようなものです。迷わず申請しましょう。

個人的意義

受領することに意味がある

特別定額給付金を個人家計の観点からみると、目的にあるとおり「家計への支援」なので、単純に「受領すること」に意味があります。特に外出自粛により収入が減った方にとっては、補填という意味で助かるのではないでしょうか。10万円で全ての収入減をまかなえるとは思いませんが、少ない金額ではないので、一定の恩恵はあるはずです。

精神的苦痛に対する損害賠償

また、外出自粛により経済的な影響を受けていない方も、外出できないことでストレスを抱えていたことを考えると、精神的苦痛に対する損害賠償と考えることもできます。そして10万円で生活が潤うことになりますので、これまで我慢していた商品の購入やレジャーへの消費を通じてストレスを発散することができます。

ただ、特別定額給付金がもろに収入減や精神的苦痛の損害賠償だと整理すると、全国民一律10万円というのは合理性にかけます。収入減の程度は人それぞれだし、精神的ダメージも人によって違うからです。なので、国は目的にあるとおり「敬意と感謝」などと、ふわっとした表現にとどめているのではないかと推察しています。

特別定額給付金の使い道

ジュゴン

特別定額給付金の使い道は個人の自由なので、制度上も制限されていませんが、特別給付金を受給する意義をもとに、その使い道を整理してみました。

売り上げが減っている企業等への支援

落ち込んだ経済への貢献を考えると、やはり、外出自粛を受けて、売り上げや所得が減少した法人、事業者への支援として使うのが効果的と考えます。外食に行くのもいいですし、旅行やレジャー施設を楽しんでもいいですね。第一次産業のことを考えると、牛肉や牛乳、花の売り上げが落ちているので、それらの商品を購入することも効果がありそうです。牛肉などは地方自治体が助成金を出して、学校の給食に使っている例がありますね。家で子供に国産牛肉=和牛をせがまれたときは、ぜひ買ってあげてください。

アフターコロナの考察

私は今回のコロナ騒動で、海外に頼る外交政策、物流、消費は、このままでいいのかと疑問に感じました。マスクは手に入らない、トイレットペーパーはデマで無くなる、海外製品が高騰する、輸入できない、などがありました。ある程度、国内で経済が回る仕組みを構築した方がいいのではないかと。首都圏集中ではなく、地方分権型の取り組みが必要ではないかと。

これらを踏まえて、今後の日本がどうあるべきかを考え、将来的に価値ある企業、団体、個人への支援、投資をおすすめします。先見性のある企業、普遍的な理念を追求する団体はいくらでもあります。それを見抜く目も必要ですね。

あとは海外でもそうですが、国内においても医療関係者が頑張ってくれていたようです。個人的には、なかなか難しいですが、医療機関への寄付や寄贈なども意味があると思います。

生活費の補填

また、純粋に生活費の補填として使う方法もあります。今後、 第2波、第3波が予想されるなかで、これまでの収入が維持される保障はないため、家計を潤うことに使います。そう考えると「貯蓄」に回すというのも一つの選択肢になりますね。特別定額給付金が再度、発動することは考えにくいですからね。「備あれば憂い無し」です。

まとめ

ジュゴン

いかがでしたか。特別定額給付金の使い道は決まりましたか。国をあげての経済対策なので、満額受給して効果的に使い(貯め)ましょう。まとめです。
  • 特別定額給付金には「経済を回す」「売り上げが減っている企業を支援する」意義がある
  • 個人単位でも受給することに意味があり、その使い方は自由
  • 貯蓄に回すのもあり、企業の支援に使うのもあり、生活費に充てるのもあり
  • これを機に、社会のあり方を考えましょう

それから、これを機に、今後、経済活動がどのように変化して、どういう経済の仕組みを構築すべきか、そしてどのようにお金を使うべきか、考えてもいいかもしれませんね。

今回は以上です。

にほんブログ村 住まいブログへ にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ にほんブログ村 住まいブログ 高断熱・高気密住宅へ
↑ ↑ ↑ためになったよ!という方は↑ ↑ ↑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です